メニュー 閉じる

SavvySensei利用規約

Click here for English version

空間計画株式会社(以下「当社」といいます。)は、当社が提供するサービス「SavvySensei」(以下「本サービス」といいます。)の利用者(以下「利用者」といいます。)と当社との間のSavvySensei利用規約(以下「本規約」といいます。)を以下のとおり定めます。

第1条(本規約の遵守)

本サービスをご利用される場合には、利用者は本規約に同意したものとみなされ、本規約を内容とする本サービスの利用契約が成立したものとみなします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるとおりとします。

(1)「利用者」とは、本サービスを利用する全ての方をいいます。
(2)「無料サービス」とは、本サービスのうちの無料のサービスをいいます。
(3)「有料サービス」とは、本サービスのうちの有料のサービスをいいます。
(4)「無料会員」とは、利用者のうち、無料サービスを利用する方をいいます。
(5)「有料会員」とは、利用者のうち、有料サービスを利用する方をいいます。
(6)「登録情報」とは、氏名、ニックネーム、居住地、ファーストランゲージ、使用言語、訪日経験、日本居住経験・期間、趣味・関心事、写真・本人が分かるイラスト、メールアドレス、パスワード、性別等、登録者がユーザー登録時に登録した情報をいいます。
(7)「取得情報」とは、利用者のIPアドレス、利用状況、履歴、位置情報、利用端末、クレジット決済ができなかった場合はその事実等、当社が取得する利用者に関するすべての情報であって、登録情報以外の情報をいいます。

第3条(有料サービス)

1 有料サービスの利用料金は、毎月5ドル(米国ドル)とし、有料会員は、クレジットカード決済又はPaypalにより支払うものとします。なお、当社は、いかなる理由があったとしても、利用料金の返金は行わないものとします。
2 前項の規定にかかわらず、当社は、有料会員の事前の承諾を得ることなく、有料サービスの内容、利用料金、決済手段等の変更をする可能性があります。
3 有料サービスの期間は、3か月とし、当社及び有料会員が更新拒絶をしない限り、自動的に3か月間更新されるものとし、以後も同様とします。なお、有料会員は、有料サービス期間中の中途解約をできないものとします。

第4条(ユーザー登録)

1 有料会員になるためには、当社所定のユーザー登録が必要となります。ユーザー登録を希望する利用者(以下「申込者」といいます。)は、当社所定のユーザー登録申込手続を行うこととします。
2 申込者が前項の登録手続申込手続を行った場合、当社は申込内容を審査するものとし、内容の審査を行った結果、次のいずれかに該当する場合には、当社の判断によってユーザー登録を承諾しないことがあります。なお、当社がユーザー登録を承諾し、利用者が有料会員になった後であっても、次のいずれかに該当する場合には、当該承諾を撤回することができるものとします。
(1)申込者が存在しない場合、申込をする権限がない場合
(2)申込者が、過去に本規約に違反したことを理由に当社から第14条に定める処分を受けた者である場合又は第13条各項各号のいずれかに該当し若しくは該当するおそれがある場合
(3)申込内容に虚偽の記載があった場合
(4)その他当社が不適切と判断した場合
3 有料会員は、申込内容に変更があった場合、速やかに当社の定める手続により当社に届け出るものとします。

第5条(ログイン情報の管理)

1 有料会員は、登録情報のうち本サービスへのログインに用いる情報(以下「ログイン情報」といいます。)を、自己の責任の下で管理するものとし、第三者に開示してはならないものとします。
2 有料会員は、ログイン情報の盗難その他の事故があった場合には、速やかに当社に連絡するものとし、当社の指示に従うものとします。

第6条(個人情報の取扱)

1 当社は、当社が取得した個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める「個人情報」をいいます。)を、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
2 利用者は、本サービスを利用するに際し、利用者から取得する個人情報を、「プライバシーポリシー」における当社が取得する個人情報の第三者に提供に関する定めに従い、第三者に提供することに同意します。

第7条(連絡方法)

1 当社は、利用者への連絡又は通知を、当社が適切と判断した方法により行います。なお、登録情報に記載の連絡先に当社の連絡又は通知が到達した場合、利用者は当社の連絡又は通知を受領したものとみなします。
2 利用者は、本規約に別段の定めがある場合を除き、当社への連絡はお問い合わせフォームその他当社が指定した方法により行うものとします。当社は電話による連絡及び来訪は受け付けておりません。

第8条(本サービスの提供の中断等)

1 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。
(1)システムのメンテナンス又は修理の実施を行う場合
(2)火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
(4)戦争、動乱、暴動、騒乱、感染症(新型ウィルス等を含む)、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
(5)その他、運用上又は技術上、当社が本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合
2 当社が必要と判断した場合には、事前に通知することなくいつでも本サービスの内容を変更することができるものとします。
3 当社は、第1項各号のいずれか又はその他の事由により本サービスの全部又は一部の提供に遅延若しくは中断が発生しても、これに起因する利用者又は第三者が被った損害に関し、本規約で特に定める場合を除き、一切の責任を負いません。
4 当社が本サービスの内容を変更し、又は本サービスの提供を停止若しくは中止した場合であっても、本規約で特に定める場合を除き、利用者又は第三者に対して一切責任を負わないものとします。

第9条(利用環境の整備)

利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器及びインターネット環境を、自己の費用と責任において準備し、利用可能かつセキュアな状態に置くものとします。

第10条(自己責任)

1 利用者は、利用者自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、以下の各号に記載の場合を含む一切の場合について自らが責任を負うものとします。
(1)掲載料理に関連してアレルギー症状その他怪我、疾病が発生した場合
(2)宗教上その他の理由により掲載料理を食べることができなかった場合
(3)料理又は料理の準備等に関連して怪我、疾病等が発生した場合
(4)掲載情報に虚偽が含まれていることにより何らかの損害が生じた場合
2 利用者は、本サービスのご利用に際し、他の利用者、料理人、パートナーその他の第三者(以下「他者」といいます。)及び当社に損害又は不利益を与えた場合、自己の責任と費用においてこれを解決し、当社に一切の迷惑を与えないものとします。

第11条(利用者が送信(発信)したコンテンツ)

1 利用者は、利用者が送信(発信)したコンテンツ(以下「利用者コンテンツ」といいます。)につき、当社に対して、当社又は当社の指定する者が当該コンテンツを日本国内外問わず対価の支払いなく非独占的にいかなる制約も受けずに自由に使用する(使用、複製、公的実行、表示、配布、変更、派生的な作品の作成、他の作品への組み込みを含みます。)永久的で取消不能な権利(サブライセンス権も含みます。)を、許諾したものとみなされるものとし、これをあらかじめ承諾します。利用者は当社及び当社の指定する者に対して、利用者コンテンツに係る著作者人格権等を保有していたとしても、当該権利を行使しないものとします。
2 利用者は、利用者コンテンツ、利用者によるサービスの利用・接続・規約違反、利用者による第三者への権利侵害に起因又は関連して生じたすべてのクレームや請求について、利用者の責任と費用においてこれを解決するものとします。
3 前項のクレームや請求への対応に関連して当社に費用が発生した場合又は賠償金等の支払を行った場合は、当該費用及び賠償金、当社が支払った弁護士費用等は当該利用者の負担とし、当社は、当該利用者にこれらの合計額の支払を請求できるものとします。
4 当社は、利用者コンテンツが法令若しくは本規約に抵触すると判断し、又は違反するおそれがあると認めた場合その他業務上合理的な必要がある場合には、利用者への事前の通知なしに、当該コンテンツの全部又は一部を非公開すること、又は削除する等の方法をとることができるものとします。

第12条(本サービスに含まれるコンテンツ等の財産権等)

1 利用者コンテンツ及び情報を除く本サービスに含まれる一切のコンテンツ、情報、ソフトウェアに関する所有権、知的財産権その他一切の財産権は当社に帰属するものとし、また、利用者は、当該一切のコンテンツ、情報等の無断転載、リンクを貼る行為等をしないものとします。
2 利用者は、本サービスに含まれるコンテンツに広告が含まれることを承諾するものとします。

第13条(禁止行為)

利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)当社又は他者の知的財産権その他財産権、プライバシー、肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(2)当社若しくは他者を差別若しくは誹謗中傷し、又は、当社若しくは他者の名誉若しくは信用を毀損する行為
(3)人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、 組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて個人若しくは集団に対する暴力を助長、又は差別を扇動する内容を記載する行為
(4)政治的又は宗教的思想を含む情報を提供する行為及び政治的又は宗教的な広告・宣伝・勧誘等を行う行為
(5)ネットワークビジネス及びその他のビジネスの営業行為
(6)一人の利用者が複数の登録者の地位を保有する行為又は一つの登録者の地位を複数人で共同して保有する行為
(7)当社又は他者になりすます行為
(8)有害なコンピュータプログラム等を送信する、又は他者が受信可能な状態におく行為
(9)通常に本サービスを利用する行為を超えてサーバーに負荷をかける行為若しくはそれを助長するような行為、その他本サービスの運営・提供若しくは他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又はそれらに支障をきたす行為
(10)サーバー等のアクセス制御機能を解除又は回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為
(11)本サービスによって提供される機能を複製、修正、転載、改変、変更、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳あるいは解析する行為
(12)本サービスの全部又は一部を営利目的で、使用方法を問わず利用する行為(それらの準備を目的とした行為も含みます)
(13)法令、諸規則、本規約に違反し、又は違反するおそれのある行為
(14)本サービスの運営を妨害する行為、他者が主導する情報の交換又は共有を妨害する行為
(15)問い合わせの繰り返しを過度に行い、又は義務や理由のないことを強要する等、当社の業務に支障を来たす行為
(16)公序良俗に違反する行為、又は違反するおそれがある行為
(17)当社又は本サービスに関する情報を第三者に開示する行為
(18)上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為
(19)その他当社が利用者として不適当と判断した行為
2 利用者が以下のいずれかに該当する場合には、当該利用者は、本サービスを利用することができないものとします。
(1)反社会的勢力に該当すると認められるとき
(2)反社会的勢力を利用していると認められるとき
(3)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(4)反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
(5)自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動、暴力及び風説の流布・偽計・威力を用いた信用棄損・業務妨害その他これらに準ずる行為に及んだとき

第14条(ユーザー登録解除等)

当社は、利用者の行為が本規約に反すると判断した場合又は利用者が前条第2項に定める者に該当すると判断した場合には、当社の判断により、当該利用者に何ら通知することなくして、利用者コンテンツの削除及び変更ならびにサービスの一時停止、ユーザー登録の解除(登録者の地位の停止を含みます。)、本サイトへのアクセス拒否をすることができるものとします。

第15条(利用制限)

1 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者の承諾を得ることなく、利用者の本サービスの利用を制限することがあります。
(1)ウィルスの感染等により、本サービスの関係者に第三者に被害が及ぶおそれがあると判断した場合
(2)利用者と連絡がとれない場合
(3)上記各号の他、当社が利用制限することが合理的と認めた場合
2 当社が前項に基づき利用者の本サービスの利用を制限したことにより、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

第16条(不保証、免責)

1 当社は、本サービスについて、その瑕疵(セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害を含みます。)がないこと、安全性、信頼性、正確性、完全性、有用性及び特定目的への適合性につき明示的にも黙示的にもいかなる保証も一切しません。
2 当社は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。
3 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。
4 当社は本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について一切の賠償責任を負いません。
5 本サービスに関する利用者と当社との間の契約が消費者契約法に定める消費者契約(以下「消費者契約」といいます。)となる場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行責任または不法行為責任については、逸失利益その他の特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、通常生ずべき損害の範囲内で、かつ、有料である本サービスにおいては利用者から受領した当該本サービスの利用料の額を上限として損害賠償責任を負うものとします。

第17条(権利義務の譲渡禁止)

利用者は、当社の事前の書面による承諾がない限り、本規約により生じた契約上の地位を移転し、又は本規約により生じた自己の権利義務の全部若しくは一部を、第三者に譲渡し、若しくは第三者の担保に供してはならないものとします。

第18条(存続条項)

本規約の終了にかかわらず、第10条(自己責任)から第13条(禁止行為)、第16条(不保証、免責)から第22条(裁判管轄)の条項は期限の制限なく存続します。

第19条(本規約の変更)

当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本規約を変更できるものとします。その場合、当社は、変更後の本規約及び効力発生日を、本サービス又は当社のウェブサイトに表示し、又は当社が定める方法により利用者に通知することで利用者に周知します。変更後の本規約は、効力発生日から効力を生じるものとします。

第20条(分離可能性)

本規約のいずれかの規定が管轄を有する裁判所によって無効又は執行不可能になった場合であっても、本規約その他の規定の有効性は影響を受けないこととします。

第21条(準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第22条(裁判管轄)

利用者と当社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

プライバシーポリシー